左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【花ちゃん・消費者の目】古紙の爆買い2018年12月9日

一覧へ

【花ちゃん】

 アマゾンや楽天市場をはじめとするインターネット通販は、欲しいものがすぐに手に入るのでとても便利です。我が家では近くのペットショップでは手に入らないドッグフードや、農協が販売しているお気に入りの梅干しを定期的にインターネット通販で購入しています。売っている場所を探し回らなくても良いですし、価格を比較してから購入できるのも魅力です。

 

  ◇   ◇

 

 商品は宅急便を使って配達されますが、多くの場合、専用の段ボール箱に入れられています。時には商品の何倍もの大きさの段ボール箱に入っていることもあります。家電製品の場合は、製品自体のしっかりした段ボールが、それごとすっぽり別の段ボールに入れてあるので、開封して商品を取り出すのも一苦労です。
 段ボールは取っておいて、ある程度たまると紐で縛って廃品回収に出します。廃品回収業者が回収の日時を書いたチラシを郵便箱に入れていくので、それを見ながら古新聞・古雑誌、段ボールなどを縛るのは私の仕事です。以前は2つの業者がそれぞれ月に1回程度来ていたのですが、最近その頻度が倍増しています。また、交換してくれるトイレットペーパーも増えたように思います。

 

  ◇   ◇

 

 背景には中国のインターネット通販があるそうです。中国の独身の日(11月11日)にインターネット通販最大手のアリババはキャンペーンを仕掛け、1日で2.5兆円を売り上げたそうです。その配送には段ボールが使われているため、中国が段ボールの原料となる古紙を爆買いしているのだそうです。日本からも大量に購入されているため、日本の古紙回収の頻度が増えたというところでしょうか。一見無関係そうですが、世界の経済の動きが私たちの生活にも影響を与えているのです。

 

本コラムの記事一覧は下記リンクよりご覧下さい。

【花ちゃん・消費者の目】

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ヤンマーPC右上
クミアイ化学右正方形1PC
住友化学住友化学右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る