想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【機構改革】基本政策対策室を設置-JA全中2018年3月9日

一覧へ

 JA全中は3月8日、4月1日付けの機構改革と人事異動を発表した。食料安全保障に関わる基本政策の確立に向け、新たに基本政策対策室を設置する。(人事異動は本文末のリンクよりご覧下さい。)

平成30年度は「農業者の所得増大」、「農業生産の拡大」、「地域の活性化」を目標とした第27回JA全国大会決議の実践期間最終年度であり、全中はJAグループの自己改革支援に全力をあげる。
 自己改革を進めるにあたっては、正・准組合員や消費者に対してJAグループが一体となって改革の実践を「見える化」する必要がある。そのため、今回の機構改革では、これまでJA支援部の「組合員・くらしの対策推進課」で行ってきた組合員のメンバーシップ強化策の業務を「JA経営改革推進部JA改革推進課」に移行する。同課では平成31年4月1日を基準日として実施する予定の「JAの自己改革に関する組合員調査」の体制強化を図る。あわせて同課にJA全国大会準備室を設置し第28回大会議案の策定にあたる。
 また、食料生産基盤の農村地域の過疎化・高齢化が深刻になり、また、異常気象がなかば常態化するなか、食料安全保障に資する基本政策の確立が求められているとして、世論や消費者を巻き込んだかたちの運動展開が必要になっているとして「基本政策対策室」を設置する。
 JA情報システム対策部は企画課と移行推進課の2課体制とする。

(関連記事)
【人事異動】JA全中(4月1日付)(18.03.09)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る