左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

兵庫に新たなサブファンド設置 A-FIVE2013年11月26日

一覧へ

 (株)農林漁業成長産業化支援機構(A-FIVE)は11月25日、新たなサブファンドへの支援を決めた。

 今回支援が決まったのは、兵庫県の(株)みなと銀行が4億8000万円、淡陽信用組合が1000万円など5億円、A-FIVEが5億円の計10億円の出資による「ひょうご6次産業化ファンド投資事業有限責任組合(仮称)」。
 同日付で、全国に設置されたサブファンド数は34、総額は605億2200万円となった。このうち、A-FIVEの出資額は302億6100万円。

 また、同日付で新たな支援先候補2つに対するパブリックコメントの募集を始めた。
 候補となっているのは次の2件。
▽じゅうろく6次産業化ファンド投資事業有限責任組合(仮称)(岐阜県、十六銀行2億円などが2億5000万円出資)
▽トマト6次産業化応援投資事業有限責任組合(仮称)(岡山県、トマト銀行3億9000万円、みずほ銀行1000万円などが5億円出資)
 パブリックコメントはEメール、郵便(〒100-0004東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアウエスト20階)、FAX(03-5220-5778)のいずれかで、12月4日17時まで受け付ける。


(関連記事)

JA6次化ファンドに初の出資 A-FIVE(2013.11.15)

A-FIVE、6次産業化プランナーの派遣開始 (13.11.14)

徳島と佐賀に新たなサブファンド A-FIVE(2013.10.31)

A-FIVE、JA三井リースが業務提携(2013.09.12)

3件の初出資案件を決定 A-FIVE(2013.09.03)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る