金融・共済 ニュース詳細

2014.04.17 
アグリシードファンド 出資件数100件超える一覧へ

 JAバンクが平成22年から取り扱いを開始した「アグリシードファンド」は、26年3月末で出資案件が100を超え、出資残高が8億3600万円となった。農林中央金庫が4月16日に公表した。

 アグリシードファンドは、資本が少ないながらも優れた技術力をもつ農業法人を対象にしたファンドで、出資先の法人は地域・業種とも多岐にわたる。
 22年の取り扱い開始初年度の出資件数は17件だったが、23年17件、24年30件、25年36件と年々出資件数は増えていった。
 100件を地域別にみると、北海道・東北が29件でもっとも多く、九州・沖縄24件、東海・近畿15件と続く。業種別では野菜が38件と最多で、次いで畜産と稲作が17件となっている(表参照)。
 出資を受けた法人では、ファンドを活用して規模拡大や観光農園、直売所などの設置を実現したり、高い生産技術が認められ農業コンクールで農林水産大臣賞を受賞するなど、地域の中心となって活躍している農業者も多い。
 JAバンクでは今後も「総合的な金融サービスの提供を通じて、農業の発展に向けた支援を続けていく」としている。

出資件数100件、出資残高836百万円(平成26年3月末現在)


(関連記事)

農経連携のパイプ役に 農林中金がセミナー(2014.04.16)

「常に新たな挑戦を」 農林中金165人が入庫(2014.04.02)

小金井研修所を小平市に寄附 農林中央金庫(2014.03.28)

モスファーム熊本へ投資 農林中央金庫(2013.10.17)

アグリシードファンド 2年で5億6000万円(2013.05.24)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ