左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「常に新たな挑戦を」 農林中金165人が入庫2014年4月2日

一覧へ

 農林中央金庫は4月1日、今年度新たに入庫した職員への辞令交付式を行った。今年度は165人が入庫した。

 交付式で河野良雄理事長は、大正12年(1923年)に前身の産業組合中央金庫が設立されてから昨年設立90周年を迎えるにいたるまでの歴史を紹介しながら、「活動の原点は、相互扶助を通じた共存共栄、公正な社会の実現をめざす協同組合精神にある。これはほかの金融機関とは根本的に異なる点だ」と、金庫の存在意義を強調した。
 そのうえで、国内では金融緩和の継続や銀行間の金利競争の激化など厳しい経済・金融情勢が続いているなか、「金庫が系統の余裕金を運用し、その収益や機能を還元するという役割は変わらない」と述べ、その役割を果たすためにも「積極的に自己啓発などを行い、少数精鋭集団の一員として大いに研鑽を積んでほしい」と期待した。
 また、誠実に行動すること、基本に忠実に仕事すること、自分の可能性を信じ新たに挑戦すること、広い視野をもつこと、といった金庫職員としての心構えを常に持つよう呼びかけ、「10年後の設立100周年の頃には、みなさんが中心になって活躍し、金庫を支えてほしい」と激励した。


(関連記事)

小金井研修所を小平市に寄附 農林中央金庫(2014.03.28)

鶏糞バイオマス発電を支援 農林中金(2014.03.27)

農林水産業みらい基金を設立 農林中央金庫(2014.03.26)

農機リース料助成、取扱農協を追加 農林中金(2014.03.20)

豪雪対策ファンドを創設 農林中央金庫(2014.03.18)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る