左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

【決算】9年度ぶりに黒字 共栄火災海上保険2014年5月22日

一覧へ

 共栄火災海上保険(株)は5月20日、平成26年3月期決算を発表した。保険収入が増えた一方、自然災害が少なかったことで支払保険金が減少したため、収支残は24億円となり、9年度ぶりに黒字となった。

 保険会社の売上規模を示す元受正味保険料は、火災保険や新種保険、自賠責保険が増収したため、前年比42億円(2.4%)増の1756億円だった。正味収入保険料も同38億円(2.4%)増の1629億円と増収だった。
 正味支払保険金は自然災害の減少、自動車保険損害率改善などにより同41億円(3.9%)減の1031億円となり、正味損害率も同4.2ポイント改善され63.2%へと減った。
 損害率が改善されたことで、損害保険会社の収益力の指標となるコンバインド・レシオ(正味損害率と正味事業費率の合計)も5.1ポイント改善され98.5%に減った。
 この結果、収支残は同81億円増の24億円となり、平成17年度決算以来、9年度ぶりに黒字となった。
 損益面では、2月の大雪などの影響で支払準備金が大幅に増えたことなどにより、保険引受損失が前年よりさらに44億円増え、57億円の損失となった。一方、資産運用益は同34億円増え、89億円だった。経常損益は同8億円減の27億円、当期純利益は同7億円減の26億円だった。
 損害保険会社の経営の安全性を示すソルベンシー・マージン比率は、当期純利益を確保したことや、有価証券の含み益が増えたことなどから、前年より112.9ポイント増え、782%へと上昇。安定基準値と言われている200%を大きく上回っている。


(関連記事)

【人事速報・機構改革】共栄火災海上保険(2014.02.26)

539JAに栄誉 JA共済連優績組合表彰(2014.05.16)

交通安全教育DVD作成 JA共済連(2014.05.15)

4年連続全国目標達成めざす JA共済連(2014.04.17)

東海・北陸に業務センター新設 JA共済連(2014.04.09)

最新の記事

ヤンマーSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
ヤンマーPC右上
DiSC右正方形1PC
住友化学住友化学右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る