金融・共済 ニュース詳細

2014.07.04 
JA群馬信連、農林中金 10月に最終統合一覧へ

 農林中央金庫とJA群馬信連は7月3日、全部事業譲渡契約書を締結した。10月に最終統合を行う予定。

最終統合の合意書を締結したJA群馬信連・大澤憲一会長(左)と、農林中金の河野良雄理事長 両社は平成23年10月に一部事業譲渡方式で統合したが、今回この締結により最終統合する。事業・組織二段による合理化・効率化を行い、県域での組合員、利用者の期待と信頼に応える信用事業の実現をめざす。
 今回の事業譲渡について、農林中金は5月22日の経営管理委員会で、JA群馬信連は6月27日の通常総会ですでに承認されており、10月14日に最終統合、10月31日に解散し11月以降の清算手続きを経て27年3月に清算結了する予定。
 JA群馬信連は、17団体の会員を持ち、貯金は305億円、貸出金は7億円。群馬県下には15のJAがあり、組合員総数は約18万人、JA貯金額は1兆4360億円、JA貸出金は2688億円となっている(いずれも26年3月末現在)。
 信連と農林中金が最終統合したのは全国では11県域目。そのほか、JAバンク千葉信連と一部事業譲渡による統合を行っている。


(写真)
最終統合の合意書を締結したJA群馬信連・大澤憲一会長(左)と、農林中金の河野良雄理事長


(関連記事)

【農協改革】事業譲渡案に反論 農林中金(2014.05.27)

経常利益、目標上回る1750億円 農林中金決算(2014.05.23)

8月までに6県域が導入 JAバンクCS改善(2014.05.19)

農中森力(もりぢから)基金を設立(2014.05.13)

【コラム・ひとこと】農協改革にひとこと(2014.04.15)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ