金融・共済 ニュース詳細

2015.06.11 
「コープの熱帯雨林保護募金」開始一覧へ

 コープネット事業連合とコープみらいは、NTTデータ研究所と共同で、インドネシア・ボルネオ島(カリマンタン)の熱帯雨林を保護するプロジェクトへの支援として、6月8日からコープみらい組合員を対象とした「コープの熱帯雨林保護募金」を始めた。

「熱帯雨林保護募金」開始 コープネットとコープみらいは、世界的な視点から地球環境保護活動の一環として、急速に減少している熱帯雨林を守るため、NTTデータ研究所の「生物多様性・気候変動オフセットプログラム」を通じて、インドネシア中央カリマンタン(ボルネオ島)における熱帯雨林保護プロジェクトに2014年9月から支援を行っているが、今回はそれに加えて、組合員から預かる「コープの熱帯雨林保護募金」による熱帯雨林保護プロジェクトへの資金援助を始めた。
 具体的には、例えば100円の募金で20平方m(0.002ha)の熱帯雨林が1年間保護されるというように、援助額に応じた熱帯雨林が「コープの熱帯雨林」として保護されることになる。
 この募金は、コープみらいのコープデリ宅配注文書とインターネット注文サイトで受け付けている。今後、コープみらいの店舗でも募金を実施する予定にしている。また、他のコープネット加盟生協でも募金活動を検討している。
 この募金によって
▽オランウータンをはじめプロジェクト対象地域に生息する300種の鳥、122種の哺乳類、180種の樹種など、多様な生態系を維持・保存することが可能になる。
▽この地域の慢性的な貧困問題の改善に役立てることができる。
▽地球温暖化防止効果
などの効果が期待されている。

 

(関連記事)

夕食宅配「舞菜」配達食数15万超に コープネット (15.06.09)

新井ちとせ氏が新理事長に コープみらい通常総代会 (15.06.05)

「健全で豊かな森づくり」で事業提携 コープネットと飛騨高山森組 (15.04.14)

きやっせ物産展に2万5000人来場 コープみらい (15.03.09)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ