金融・共済 ニュース詳細

2015.08.04 
農業リスクコンサルティング 10月から試行-JA共済連一覧へ

 JA共済連は農業リスク分野への対応を強化する取り組みを具体化し秋から試行的に実施する。

 JA共済は「ひと・いえ・くるま」を中心に全国の組合員、利用者の保障を充実させてきた。
 一方、農協改革では農業者の所得増大が求められており、JA共済連も農業経営体を対象にした支援を事業化する。
 具体的には農業者を取り巻く種々のリスクに対する保障・サービスを提供する商品開発を検討するとともに、農業リスクコンサルティングを実施する。
 当面、簡単なリスクチェックのためのプログラムを開発して10月から試行的に実施する。将来的にはJA段階でLA(ライフアドバイザー)とTACが連携して担い手経営体に対応する姿をめざす。

(関連記事)

エリア戦略導入679JA 推進実績は全国目標達成 (15.08.04)

会員還元の増額など、26年度決算を承認 JA共済連通常総代会 (15.08.03)

全国5地区に業務センターを開設 JA共済連(15.04.08)

「心の身なりをきちんと」 JA共済連155名が入会 (15.04.03)

早稲田大学と寄附講座開講 JA共済連 (15.04.02)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ