金融・共済 ニュース詳細

2015.08.18 
降雹被害に相談窓口 日本公庫一覧へ

 8月上旬の関東地方の降雹・強風による被害に対し、日本政策金融公庫(日本公庫)は相談窓口を設け公庫資金の融資や返済についての相談に応じている。11日からスタートした。

 災害に対する主な資金制度は農林漁業施設資金(災害復旧施設)と農林漁業セーフティネット資金(災害)がある。「災害普及施設」は、施設の復旧に必要な資金で、負担額の80%、または1施設につき300万円(特例で同600万円)のいずれか低い方。3年据え置きの15年以内返済で利率は0.65%以内。
 「災害」は、災害を原因とする売上げ所得の減少など一定の条件を満たす農林漁業者が経営安定に必要な資金。600万円以内で3年据え置きの10年以内返済。利率は0.45%以内。
 相談窓口は同公庫本店農林水産事業本部、フリーコール0120‐926478。

(関連記事)

民間金融機関との協調融資1万件超す 日本公庫 (15.06.04

・新規就農者への融資増加 日本公庫 (15.06.03

当期純損失1347億円を計上 日本公庫 (15.06.03

口永良部島噴火で災害特別相談窓口 日本公庫 (15.06.02)

担い手農業者向け融資が伸長 日本公庫 (15.05.12)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ