想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ワンサイドP乳剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JA共済の発展を誓う 優績LA1408名を表彰2017年7月12日

一覧へ

 JA共済連は7月12日、東京都内で平成28年度JA共済優績ライフアドバイザー全国表彰式を行なった。受賞者1408名と、所属JAの関係者などが集まり、受賞者の功績をたたえるとともに、JAの共済事業の一層の発展を誓った。

 ライフアドバイザー(LA)の全国表彰式は毎年開催されており、「LAの甲子園」ともいわれている大会で、ここで表彰されることは、LAにとって最高の名誉と考えられている。現在、全国のJAでは2万975名のLAが活動しており、その実績は、新規契約を中心として76.9%を占める。
 表彰式のあいさつで、JA共済連経営管理委員会の市村幸太郎会長は、長期共済と短期共済の統一目標である推進総合実績が6年連続、新規契約目標の重点施策実績が7年連続で全国目標を達成したことを報告。「これからもていねいで誠実な推進活動を実施し、利用者満足度の向上をはかり、すべての組合員や利用者に愛されるJA共済をめざして活動していただきたい」と、受賞者の活動をたたえるとともに一層の活躍を期待した。
檀上で晴れの表彰を受けるLA 今年度の受賞LAは、共済外務専任が584名、共済外務専任以外が824人で、合計1408名。優績表彰の受賞者の中から特に優秀な成績をおさめたLAを対象とする総合優績表彰が7名、生命共済、こども共済、建物更生共済など8部門からなる特別表彰が293名、ことし新設の優績表彰が6名、15回、10回、5回の3部門からなる通算表彰が94名だった。
 通算表彰で15回の表彰は一人で、JAかみつが(栃木県)の狐塚恵美子さん。最高の栄誉である総合優績表彰は、JA対馬(長崎県)の西山義治さん、JAみっかび(静岡県)の縣正己さん、JA千葉みらい(千葉県)の大谷昌弘さん、JA中野市(長野県)の宮島進さん、JA帯広大正(北海道)の加藤宗孝さん、JA木野(北海道)の佐々木優さん、JA大北(長野県)の長澤岳志さんの7人。
 総合優績表彰の受賞者を代表して西山さんは、「JAの共済はどこにも負けない、最高の商品です。それを長く利用していただくには、お客さんとの関係を次の後輩のLAにつなぐことが大切。地元JAだけでなく、県内外の他のJAの仲間とともにLAを育てたい」と、後輩の育成に意欲を示した。
 最後に長野県JA大北の窪田五大さんが「日本全国の優績LAの皆さまとの交流、偉大な先輩方の華々しい表彰を拝見し、私も明日から日々精進していきたい」と決意を述べた。

(写真上から)JA共済連のイメージキャラクター仲間由紀恵の激励を受ける総合優績表彰7人の受賞者、檀上で晴れの表彰を受けるLA

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る