Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

避難は9割強が「犬と共に」 共栄火災が意識調査2018年10月26日

一覧へ

 共栄火災は11月1日の「犬の日」に合わせて、全国20~60歳以上の人1069人を対象に「災害発生時のペットに関する意識調査」を公表した。

 災害時に避難所に移動するとき、9割以上の人がペットを連れて行くことを望んでいる。
共栄火災海上保険㈱(東京都港区新橋)の意識調査で分かった。また避難所がペットを受け入れない場合5割強が「同行できる避難所を選ぶ」としており、「ペットは家族の一員である」との意識が浸透している。
 今年は相次いで大きな水害、台風に見舞われ、多くの人々が避難を余儀なくされた。アンケートでは自然災害時に発生するペットの対処や避難グッズの備え、ペットの救護ガイドラインについての認知などを聞いた。
 それによると災害時にペットとはぐれた場合でも62.9%が「優先して探す」としており、避難所への移動する場合も「必ずペットと行動を共にする」「可能な限りペットと行動を共にしたい」を合わせ、91.8%が「行動を共にする」と回答している。
 また環境省が推奨する「災害時におけるペットの救護対策のガイドライン」を示している、ペットと一緒に避難する「同行避難」について、24.7%が知っており、知らない人も40.8%が「すぐ確認したい」と回答し、関心の高さを示している。
 このほか、ペット用の避難グッズは、準備もしくは購入予定を合わせて約4割(38.2%)。他方、ペット保険への加入は「既に加入」が26.4%、「未加入だが関心がある」が43.0%となっている。

 

(関連記事)
担い手や法人向けの新たな保障・サービスを開始 JA共済連・共栄火災(16.01.26)
自転車事故の保険開始 共栄火災(16.09.30)
セクハラ等の賠償に保険 共栄火災が11月1日から初売(17.11.01)
地震・津波も補償 共栄火災「JA安心倶楽部」(13.06.11)
自動車の安全運転支援アプリ リニューアル好評 共栄火災(16.06.22)
ブース売上を交通遺児を支える会に寄付 共栄火災海上保険(17.03.23)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る