左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAアクセラレーター開始 農林中金2018年12月13日

一覧へ

 農林中央金庫は、12月12日からオープンイノベーションの取り組みを推進するためのプログラム「JAアクセラレーター」を開始する。

 「食と農とくらしのイノベーション」をキーワードに、JAグループで展開する幅広い事業を対象に、フィンテック(金融+技術)のみならず、アグテック(農業+技術)、フードテック(食品+技術)、ライフテック(生活+技術)などにかかわるビジネスプランを募集する。
 それぞれのテーマに応じて、JAグループの強み(店舗をはじめとする各種インフラ、顧客ネットワークなど)も活用し事業化をめざす。また農林中央金庫の各部門や専門家による各種の支援を受けることで、事業を加速度的に成長させることが可能となる。このプログラムは、大企業とスタートアップ企業との事業共創支援を専門に行う(株)ゼロワンブースターと共同で企画・運営する。ビジネスプランの応募方法、詳細はJAアクセラレーター 食と農とくらしのイノベーションで。

(注)「オープンイノベーション」とは、自社だけでなく他社や大学、地方自治体、社会起業家など異業種、異分野が持つ技術やアイデア、サービス、ノウハウ、データ、知識などを組み合わせ、革新的なビジネスモデル、研究成果、製品開発、サービス開発、組織改革、行政改革、地域活性化、ソーシャルイノベーション等につなげるイノベーションの方法論のこと。「アクセラレーター」とは起業家や創業直後の企業に対し、事業を成長させるための支援を行う組織のことを言う。

 

(関連記事)
JA改革の到達点を確認 所得増大へ資金面でも支援 農業協同組合研究会(18.12.11)
【人事異動】農林中金(1月1日付)(18.12.05)
「農泊」認知度まだ低く 食と農林漁業に関する世論調査 内閣府(18.12.05)
個人型確定拠出年金で業務提携 みずほ銀行と農林中金(18.11.30)
JA支援に要員再配置 農林中金が次期中計で(18.11.29)
経常利益 253億円減-農林中央金庫上半期決算(18.11.22)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る