左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

信農連 経常利益60億減-農林中央金庫2019年7月17日

一覧へ

 農林中央金庫は全国32信農連の2018年度決算状況を公表した(7月5日)。

 経常利益は前年度比60億円減(▲3.7%)の1569億円となった。当期剰余金は同72億円減(▲5.3%)の1287億円となった。金利の低下で有価証券利息や貸出金利息が減少したことが影響した。
 貯金残高は同1兆3661億円増の67兆4351億円となった。貸出金残高は同3284億円増の7兆8111億円、有価証券残高は同5601億円増の19兆7995億円、預け金残高は同8263億円増の43兆9729億円となった。これらにより債務保証相当額を除く総資産額は76兆575億円となった。
 自己資本比率はバーゼル3経過措置満了にともなうリスクウェイトの引き上げなどでリスクアセットが増加したことから前年比2.3ポイント低下し15.6%(全県域の加重平均)となった。
 リスク管理債権は同23億円減の642億円となり、貸出金残高に占める割合は0.1ポイント減少し0.8%となった。
 JAの期末残高(47県ベース)は貯金が同1兆9185億円(+1.9%)増の103兆2245億円となった。貸出金は同2818億円増(+1.4%)の20兆7386億円、有価証券は162億円増(+0.4%)の3兆9370億円となった。系統預け金は同1兆9407億円増(+2.5%)の78兆3492億円となった。
 農林中央金庫は金融市場の動向に留意が必要だが、2019年度も引き続き安定した収益が確保される見込み、としている。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る