左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農林中金での46年を語る  河野良雄顧問の講演2019年10月4日

一覧へ

 京都大学は、第75回京都大学未来フォーラムを、10月18日に同大吉田キャンパスの百周年時計台記念館百周年記念ホールで開催する。
 フォーラムでは、農林中央金庫顧問(前理事長)の河野良雄氏が「農林水産業と食と地域のくらしを支えるリーディング・バンクを目指して─農林中央金庫初のはえ抜き理事長の46年間の歩み─」をタイトルに講演する。

 河野氏は、同フォーラムの開催案内に次のような講演概要を記している。
 「私は10年前の2009年4月に第12代の農林中央金庫理事長に就任をいたしました。11代までの理事長は全員外部出身の者でしたので、金庫初のプロパーいわゆるはえ抜き理事長ということになりました。1968年学生運動が最盛期の頃京都大学に入学、1972年卒業と同時に農林中央金庫に就職、爾来46年間勤務、昨年理事長を退任し長いサラリーマン生活にピリオドを打ちました。理事長在任中の9年間を含め、金庫に入庫以来、担当者時代・管理職時代・役員時代それぞれの時期に自分自身のサラリーマン人生にとって分岐点となった出来事を紹介したいと思います。愛媛の田舎から京都に出てきて東京に就職した1人の京大農学部出身学生の山あり谷ありの46年間のサラリーマン人生を包み隠すことなくお話ししたいと思います」

 同フォーラムの概要は次のとおり。

▽開催日:10月18日(金)
▽時間:18時30分?20時
▽開催地:京都大学 百周年時計台記念館 百周年記念ホール
▽主催:京都大学 京都大学未来フォーラム
▽定員:500名(申し込みによる先着順)
▽講師:農林中央金庫顧問 河野良雄氏
▽参加費:無料
▽申し込み:「申込フォーム」から申し込む。申し込みした人に参加証が送られる。
▽申し込み締切日:定員になり次第、締め切り。
▽問い合わせ:同大総務部渉外課 電話075?753?5342(月曜日?金曜日9時?17時)

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る