金融・共済 ニュース詳細

2019.11.13 
熊本県の松下英次氏が最優秀賞 JA共済自動車工場フロントマン技術競技会 一覧へ

 JA共済自動車指定工場協力会(JARIC)が主催する「全国フロントマン選抜技術競技会」が、JA共済幕張研修センターで11月8日から9日に開催された。この競技会は今回で44回目となる。 

全国から選抜されたフロントマンたち19人と審査委員

全国から選抜されたフロントマンたち19人と審査委員


 JARICは、全国約1700か所の指定工場が会員となって、そのネットワークを活かして、JA自動車共済の契約者の車の点検・修理などについて、高い品質の技術・サービスを提供するための組織運営を行っている。
 フロントマンは所属する指定工場の代表として接客や販売促進セールス、相談・苦情処理の窓口などと同時に、工場内では作業指示や作業工程管理などを行う人たちのことをいう。
 この競技会は、そうしたフロントマンの技術向上をはかり、JA自動車共済契約者の車を「安心して任せられ」「優良かつ迅速な修理」を行うことを目的として、昭和49年から毎年開催されている。

nous1911130902.jpg真剣な眼差しで「見積競技」を行うフロントマンたち

真剣な眼差しで「見積競技」を行うフロントマンたち(左・フロント損傷車、右・リア損傷車)

 選手は、各都道府県の選抜競技会で優秀な成績を収めたフロントマン19人で、「フロント損傷車」、「リア損傷車」の損傷個所の異なる2台の事故車両について、1台につき制限時間110分間内で損傷個所のチェックやパーツ交換の必要性、工賃選定などを見極め、損害修理見積書を作成した。
 選手が作成した損害修理見積書は、全国技術アジャスター協会会長の平林康男委員長をはじめとする5人の審査員が精度を評価した。
 なお、本大会に使用した車両は、事故による損傷を再現した実車を用いて行われた。
 その結果、最優秀賞を松下英次氏(熊本県・(合資)ナカガワ)が受賞した。また、優秀賞は、関綾司氏(福島県・(有)昭和自動車整備工場)、佐藤信吾氏(千葉県・(株)小見川自動車整備センター)、髙橋豊氏(山口県・東洋ボデー(株))、敢闘賞は、田中智氏(鳥取県・田中自動車鈑金塗装(株))、髙橋慶臣氏(広島県・(株)ニッショウ)、森山淳司氏(福岡県・松岡モータース(株))が受賞し表彰された。

受賞者のみなさん受賞者のみなさん

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ