想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

安全な水を途上国の子どもたちへ 浄水剤719万錠を寄付 共栄火災2020年6月5日

一覧へ

共栄火災海上保険は、国際貢献活動の一環として、不衛生な水をきれいにする浄水剤を途上国の子どもたちへ届けるため、日本ユニセフ協会を通じ、浄水剤719万錠に相当する寄付金を贈った。

安全な水を途上国の子どもたちへ 浄水剤719万錠を寄付 共栄火災

同社は1993年から国際貢献活動に取り組んできた。一人でも多くの子どもに安全できれいな水を届ける「Kyoei Safe Water For Childrenプロジェクト」の取り組みは、2015年から毎年実施しており、浄水剤を届けるための寄付金として自動車保険料の一部を拠出している。

今年は5月に2019年4月から2020年3月の1年間で集まった寄付金を日本ユニセフ協会に届けた。寄付金は、小学校のプール約100杯分の飲料水に相当する水を浄化する719万錠分の寄付金が開発途上国に届けられる。

同社は、この取り組みを共栄生協パートナークラブや共栄プロクラブなど同社代理店の支援によって進めている。今後も国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に向けて開発途上国への物資や金銭での支援を通じて、貧困や飢餓のない世界の実現をめざす。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る