Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

イノベーションファンド通じ農業情報設計社へ出資 農林中金2020年7月29日

一覧へ

農林中央金庫は、農林中金イノベーションファンドを通じて、農業用トラクターのGPSガイダンス技術を持つ(株)農業情報設計社に出資した。

農業情報設計社プロダクト「AgriBus シリーズ」農業情報設計社プロダクト「AgriBus シリーズ」

農業情報設計社は、世界で80万件以上ダウンロードされているトラクター運転支援アプリ「AgriBus-NAVI」や、高精度の位置情報を取得するためのGPS/GNSSレシーバーである「AgriBus-GMiniR」、既存の農業機械に後付けで自動操舵を可能にする「AgriBus-AutoSteer」などを提供するAgritechスタートアップ企業。ほ場において正確な軌道でトラクターを運転することは熟練の技術を要する。その上、トラクターの運転手は正確な現在地やどこまで作業をしたかがわからくなってしまうと農薬散布や施肥等の作業が重複したり、未実施の部分が生じたりして、農薬の過剰散布や雑草や病害虫の発生を招いてしまう。こうした課題を解決るす同社の一連の製品は、農業者に熟練技術がなくても正確に等間隔な作業を支援する。

従来のGPS/GNSSガイダンス装置や自動操舵装置は、主に導入費用の課題から大規模ほ場中心の普及にとどまっていたことから、同社は、ひとりでも多くの農家へテクノロジーを届けようと、中小型トラクター向けでも導入可能な低価格での製品提供を行っている。

今回のファンドは、広くテクノロジーの恩恵を普及することを掲げ、農家の収益改善や労働力の課題解決に取り組む同社の理念に共感して出資が実施された。

農林中金は今後、JAグループが設立したオープンイノベーション組織、AgVenture Labのネットワーク等を活用しながら、同社の事業展開を支援していく。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る