想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:大豆剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「お客様本位の業務運営方針」に基づく取組状況を公表 共栄火災2020年7月30日

一覧へ

共栄火災は「お客様本位の業務運営方針」に基づく取組状況(2020年度版)を公表した。

「共存同栄の精神のもと、社員一人ひとりが自らを律し、常にお客様の視点に立って行動し、信頼と期待にお答えすること」を経営理念に掲げる同社。今回実施したアンケートでは、「ご契約時の総合満足度」で95.1%が「とても満足」「満足」「どちらかといえば満足」と評価した。また、「事故対応サービス全般の満足度」では94.4%が「満足」「おおむね満足」と評価した。

主な取り組みとして、「お客様の声を業務品質の向上へ活かす取組み」では、顧客からの保険契約に関する問い合わせや意見、要望を気軽に相談できる窓口の充実を図っている。契約の取扱代理店、営業・損害サービス拠点のほか、本社にも専門窓口を設置した。

また、「お客様の声を経営に活かすしくみ」としては、顧客からの意見、要望、苦情など「お客様の声」は、業務品質部に集約され、商品やサービスなどの改善提案や業務改善策を検証している。こうした取り組みは「コンプライアンス・品質向上統括会議」に報告され、顧客からの声が経営に反映される態勢を構築している。

また、「保険金を正確かつ迅速にお支払いするための取組み」では、顧客から事故の報告があった際、正確かつ迅速に対応できるよう、事故状況、損害状況について確認後、顧客の不安や不明点にていねいに説明している。補償内容や支払いまでの手続きについても適切な説明と案内により「お客様満足度」と「信頼度」の向上に取り組んでいる。

一方、同社が保険金の支払い対象とならない案件については、その判断理由を丁寧に説明し、納得してもらえない場合は、「不服申立制度」を利用でいることを説明している。また、保険金を公平かつ適正に支払うため、保険金支払いに該当しないと判断した案件の適正性について審査する「保険金審査会」を設置し、保険金の適正性の確保に取り組んでいる。

なお、訪日外国人の増加に伴い、「多言語通訳・翻訳サービス」を始め、通訳を必要とする外国人の当事者と同社の担当者が円滑にコミュニケーションできるようにした。

このほか、顧客からのニーズに応える商品・サービスとして、「ALSOK現場急行サービス」や「自動車リスクマネジメントサービス」、「健康サポートプログラム」を提供。また、自動車保険に加入する顧客がスマホ用アプリ「くるまるNAVI」からロードサービスを要請すると、位置情報をロードサービス業者に自動送信する機能を追加するなど機能拡充を図った。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る