想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「BankVision」中核とした新基幹系システムの稼働開始 農林中金2020年9月25日

一覧へ

日本ユニシスと農林中央金庫は、日本ユニシスが提供する次世代オープン勘定系システム「BankVision」を中核とした、基幹系アウトソーシングサービスの採用について合意。同サービスを利用した新基幹系システムの稼働を9月23日から始めた。

日本ユニシスは、長年にわたり地域金融機関向けのパッケージを提供している。Windowsベースのフルバンキングシステム「BankVision」は、多くの地方銀行で採用されており、今回の農林中央金庫で稼働実績は11金融機関となり、全国金融機関としては初の稼働となる。


農林中央金庫は、「農林⽔産業と⾷と地域のくらしを⽀えるリーディングバンク」として、変化を追い⾵に、新たな価値創造に取り組んでいる。その一つとして、既存業務の合理化と効率化を徹底し、「現場力」と「収益力」を強化する分野に人員を再配置する業務革新を推進。また、多様なテクノロジーを積極的に活用することで、顧客の利便性や業務の生産性を向上する、デジタルイノベーションにも取り組んでいる。

今回稼働した「BankVision」を用いて再構築した勘定系システムは、既存業務の合理化と効率化を実現し、新商品や新サービス提供にも柔軟な対応が可能となる。また、新たなデジタルサービスへの迅速な対応など、業務革新やデジタルイノベーションを促進する基盤として期待されている。

同システムは、マイクロソフトのWindows Server/SQL Serverを基盤としたオープン勘定系システムで、開発環境の一部には、マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォームMicrosoft Azureを採用。システムの運用は、日本ユニシスが提供する共同アウトソーシングセンターを利用する。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る