想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

注目のファンドマネジャーが無料資産運用セミナーに登場 農林中金バリューインベストメンツ2020年9月28日

一覧へ

農林中央金庫のグループで、個人向け投資信託商品「農林中金<パートナーズ> おおぶね」シリーズの運用・助言を行う、農林中金バリューインベストメンツの常務取締役兼最高投資責任者(CIO)奥野一成氏は、9月30日に楽天証券が開催するオンライン資産運用セミナーに講師として登壇する。

注目のファンドマネジャーが無料資産運用セミナーに登場 農林中金バリューインベストメンツ

同セミナーはWITHコロナ時代に、長期投資・アクティブファンドにチャレンジすることのメリットから、長期厳選投資信託「おおぶね」の運用の柱である"奥野流投資哲学"まで学べる。投資についてこれから学びたい人も、すでにチャレンジしている人も新たな発見が得られる。

農林中金グループとして投資運用業を行う農林中金バリューインベストメンツ(NVIC)は、長期厳選投資の国内におけるパイオニアとして、2007年に農林中央金庫株式投資部にて長期厳選投資のための専担チームとしてスタートした。以来、短期的な売り買いをする投資ではなく長期的に企業の株式を保有し続ける長期投資(売らない投資)を貫徹。2010年に機関投資家向けファンドに対する投資助言を開始して以降、米国株投資、投資教育への取り組みを行い、2017年からはその運用チームがそのまま、個人向け投資信託の運用・助言を始めた。

奥野氏は長銀証券、UBS証券を経て2003年に農林中央金庫に入庫。日本における長期厳選投資のパイオニアで、バフェット流の投資を行う数少ないファンドマネジャーとして、機関投資家向け投資で実績を積んだ運用哲学と手法をもとに、個人向けにも「おおぶね」ファンドシリーズを展開している。
5月に発売された自著「ビジネスエリートになるための 教養としての投資」(ダイヤモンド社刊、1500円・税別)は、累計発行部数4万部を超えるベストセラーとなっている。

<オンラインセミナー概要>
日時:9月30日19:30~20:30(予定)
形式:オンライン(Zoom) ※参加無料
登壇者:農林中金バリューインベストメンツ株式会社常務取締役CIO 奥野一成氏 他

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る