Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
全農ビジネスサポート:センター上:PC
全農ビジネスサポート:センター上:SP

テレビ会議で新入職員入会式 JA共済連2021年4月5日

一覧へ

JA共済連は4月2日、東京・平河町のJA共済ビルで「令和3年度 JA共済連新入職員入会式」を開いた。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、全国本部総合職の職員と引受センター職の職員(30名)以外は、各都道府県本部からテレビ会議システムで参加した。

決意表明をする伊藤慎一郎さん決意表明をする伊藤慎一郎さん

青江伯夫経営管理委員会会長は、新入職員に向けた挨拶で、自身が約50年前に岡山県共済連に入会した際、上司からJAグループ主要4団体(中央会・全農・JAバンク・JA共済連)について教えられた言葉として、「中央会には『頭』がある。全農には『物』がある。JAバンクには『お金』がある。JA共済にはお金や物はないが、『人』という『無限の財産』がある」と紹介。そして、「農業協同組合の事業は、すべて人とのつながりで成り立っており、その基本が徹底できているのが共済事業といえる」と述べ、「これからも共済事業を通じて、各地域の組合員・地域住民のためにお互い頑張って参りましょう」と激励した。

愛知県本部からテレビ会議システムで決意を語る近田萌木さん愛知県本部からテレビ会議システムで決意を語る近田萌木さん

新入職員を代表して2人の新入職員が決意を表明した。全国本部の伊藤慎一郎さんは「コロナ禍で、JA共済連の『相互扶助』の考え方がより一層必要になる今だからこそ、新入職員同士団結し、助け合いの輪を広げていきたい」と決意を述べた。愛知県本部からテレビ会議システムで参加した近田萌木さんは、両親にJA共済連で働くことを伝えると「建更むてき」に入っていることを教えられたと語り、「自分の身近なところでも、JA共済が日々の生活に安心を届けてくれていることを実感した。JA共済連の職員として必要なスキルと知識を身に付け、組合員・利用者の方々のニーズに応えるべく、日々精進し挑戦をしていきたい」などと決意を語った。

令和3年度の新職員数は227人。総合職は全国本部27名、都道府県本部118名。引受センター職(共済契約の引受審査業務を専門的に担う職種)は全国本部で3人、SC業務職(自動車損害調査サービスセンター(SC)で自動車保障の共済金支払業務を専門的に担う職種)は都道府県本部で79人が入会した。

最新の記事

愛知製鋼右上:SP

JA人事

DiSC:SP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る