Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

NFTの販売・流通等を手掛けるDEA Pte. Ltd.に資本参加 JA三井リース株式会社2021年4月21日

一覧へ

JA三井リース株式会社(本社:東京都中央区、社長執行役員:新分敬人、以下「JA三井リース」)は、NFT(Non-Fungible Token)の販売・流通およびエンターテイメントプラットフォームの運営を行うDigital Entertainment Asset Pte. Ltd.(本社:シンガポール、日本拠点:東京都港区、Co-CEO:吉田直人、椎名茂、以下「DEA」)に出資した。詳細は下記の通り。

1.出資参画の目的
DEAは、ブロックチェーン技術を活用し、NFTの販売・流通、エンターテイメントプラットフォームの運営等を手掛けるスタートアップ企業。DEAは、展開するプラットフォーム「PlayMining」の全世界での登録ユーザー数が80万人を突破する等、「NFTを始めとするブロックチェーン×エンターテイメントのリーディングカンパニー」として、世界のブロックチェーンゲーム及び暗号資産市場で存在感を示している。将来的には、ゲーム開発・運用事業の他、ブロックチェーン技術を活用したエンターテイメント・トランスフォーメーション(EX)事業を展開していく。

JA三井リースは、中期経営計画「Real Change 2025」において、ビジネスモデル転換による専門領域における事業拡大を基本方針の1つに掲げており、先端技術を持つスタートアップ企業への出資、販売協力等、金融の枠組みを超えた協業体制により相乗効果を発揮してきた。今回、DEAの高度な技術力および展開するビジネスの将来性と、JA三井リースの事業基盤の活用によるDXを通じた地方創生・地域活性化(NFTとの連動による地方特産品のグローバルでの認知拡大と消費促進)の実現可能性に着目し、出資を決定した。

JA三井リースは、本資本参加を契機とし、DEAが持つ次世代技術の商用化・サービスの普及を後押しし、事業拡大に貢献することで、技術革新による豊かな社会の実現を目指す。

2.DEAの会社概要
社名:Digital Entertainment Asset Pte. Ltd.
事業所所在地:7 Straits View, Marina One East Tower,#05-01, Singapore 018936(日本拠点:東京都港区北青山3丁目3-5東京建物青山ビル6階)
設立年月:2018年8月
資本金:SG$100,000(2021年3月末)
代表者:Co-CEO 吉田直人、椎名茂
事業内容:NFTの販売・流通、エンターテイメントプラットフォームの運営

【Digital Entertainment Asset Pte. Ltd.】

最新の記事

シンジェンタアファーム:SP

イソクラスト:SP

原発処理水海洋放出

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る