Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

WHILLへ資本参加 パーソナルモビリティによる移動事業を支援 JA三井リース2021年6月15日

一覧へ

JA三井リースは6月14日、パーソナルモビリティ製品による移動サービス(MaaS)を展開する WHILL株式会社(東京都品川区)への資本参加を発表した。

羽田空港で導入された「WHILL 自動運転システム」羽田空港で導入された「WHILL 自動運転システム」

WHILL社は、自社が開発・製造した次世代型電動車椅子などパーソナルモビリティ製品による移動サービス(MaaS)を事業の柱とし、障害の有無や年齢にかかわらず誰でも安全に利用できる一人乗り移動サービス・システムを提供。交通機関を降りてから目的地までの「ラストワンマイル」の移動の最適化を進めている。2020年6月には、羽田空港第1ターミナルにWHILL自動運転システムが導入され、空港で人搬送用途に自動運転パーソナルモビリティが実用化された世界初の事例となった。また、コロナ禍におけるソーシャルディスタンス対策としても注目されている。このほど同システムの運用が国内線第 1・2 ターミナル全域に拡張されることとなり、さらなる利用が見込まれている。

JA三井リースは、先端技術を持つスタートアップ企業への出資、販売協力など、金融の枠組みを超えたパートナーシップを拡大。サステナビリティ経営の観点から、「技術革新による豊かな社会の実現に貢献」することを重要取組課題(マテリアリティ)に位置付けており、WHILL社が展開するMaaS事業の成長性や社会的意義に着目し、出資を決めた。資本参加を機に、JA三井リースはファイナンス等の提供により、WHILL社の自動運転システムの導入・サービス普及を後押しする。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る