JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(SP)センター

初のグリーンボンドを米ドル建で発行-農林中央金庫2021年9月17日

一覧へ

農林中央金庫は9月15日、米ドル建農林債の発行を決めたと発表した。

農林債とは、農林中央金庫が資金調達のために農林中央金庫法に基づいて発行が認められた債券。 今回の債券は再生可能エネルギー事業など環境改善に資する事業(適格グリーンプロジェクト)への投融資に資金使途を限定したグリーンボンドとして発行する。農林中央金庫として初のグリーンボンド発行となる。

発行日は9月22日で発行額は10億米ドル(5年、10年各5億ドル)。年限は5年(償還期限:2026年9月22日)、10年(同:2031年9月22日)。

利率は5年1.284%、10年2.080%。上場証券取引所はシンガポール証券取引所(SGX)。

農林中央金庫はグリーンボンドの発行とそれによる調達資金での投融資を通じ、2021年度に策定した中長期目標を一層前進させ、持続可能な環境や社会の実現に貢献していくしているといる。中長期目標では2030年までに投融資先の温室効果ガス排出量の50%削減(2013年対比)や、2030年までにサステナブル・ファイナンスに新規実行額10兆円などを目標にしている。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る