JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
センターSP:Z-GIS
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

「営農型太陽光発電」の取組を紹介 ニュースレター第23号発行 農林中金2021年10月15日

一覧へ

農林中金は、JA、JF、JForestグループの取り組みを伝えるニュースレターの第23号を発行。脱炭素社会の実現を背景とした再生可能エネルギーが注目されるなか、農業を継続しながら農地の上空で発電する「営農型太陽光発電」(ソーラーシェアリング)の取り組みについて紹介している。

第23号特集のテーマは、「"脱炭素"で地域の暮らしを支える  ~ソーラーシェアリングの導入で広がる農業の可能性~」。新型コロナウイルスの影響でコメの余剰在庫が増え、米価も下落する中、安定的に所得を維持する方法を考えていたJAしおのや組合員の見目さん親子が、JA全農が主催するセミナーで「ソーラーシェアリング」の取り組みを知り、導入に至った経緯やメリット・農業の未来についてインタビューした。また、耕作放棄地を手作りでソーラーシェアリングを実現しようとする千葉県匝瑳市の農業者ら4人と再生可能エネルギー事業に従事する千葉エコ・エネルギー代表取締役の馬上丈司氏の出会いから実現した数億円規模のプロジェクトについて紹介している。

【ニュースレター第23号】

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る