第43回農協人文化賞:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

トッパンフォームズ「RFIDソリューション」で商品管理を効率化 JA三井リース2022年11月7日

一覧へ

JA三井リースは11月7日、同社グループの協同ライフケアが取り扱う、福祉用具レンタル商品の管理において、トッパンフォームズのRFIDソリューションを導入したことを発表した。

RFIDソリューションのイメージRFIDソリューションのイメージ

協同ライフケアは、従来レンタル商品をバーコード管理していたが、棚卸しや検品において、バーコードを1点ずつ読み取るため作業負荷が大きい、読み取りミスが発生する、レンタル商品が見つからない場合には目視で探す必要があるなどの課題があった。このほど、バーコードをトッパンフォームズが提供するRFIDタグに切り替え、RFIDを活用した棚卸しアプリケーションソフト「イージーチェックアウトライト」を導入することで従来の課題を解決。業務効率化により作業時間の9割削減を実現した。

この取り組みにより、棚卸し・出荷作業の業務効率化を実現。商品知識が無くてもレンタル商品を簡単にピッキング可能となり、作業時間を9割削減する。また、バーコードを使用する既存の管理システムを活用しながら、部分的なRFIDの導入が可能。RFIDの読み取りデータは、CSV出力によりリスト化できる。さらに、 協同ライフケアがレンタル先にRFIDソリューションを提供することで、当該企業・団体でもレンタル商品管理を効率化できる。

JA三井リース、協同ライフケア、トッパンフォームズの3社は今後、病院、介護施設等のレンタル先へのRFIDソリューションの展開により、医療・介護業界のIoT化、DX化を推進。2025年までにRFIDソリューション全体で3億円の売り上げをめざす。

最新の記事

右上長方形:Z-GIS・SP

みどり戦略

DiSC:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る