人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
FMCプレバソンSP

JA共済連総代会 青江会長 柳井理事長を再任2023年7月27日

一覧へ

JA共済連は7月27日、東京都内で通常総代会を開き、2022(令和4)年度決算などを承認するとともに、経営管理委員と監事を選任した。また、通常総代会後の経営管理委員会で青江伯夫会長、柳井二三夫代表理事理事長の再任などを決めた。

通常総代会であいさつする青江会長。通常総代会であいさつする青江会長

総点検運動を実施

青江会長は再任にあたって談話を発表した。

JA共済事業については今年1月に農水省が共済事業向けの総合的な監督指針を改正した。また、政府は6月に決定した規制改革実施計画のなかで「農協における共済事業の状況に応じた顧客本位の取組」など、民間生保と遜色のない取り組みを求めている。

青江会長は談話のなかで「JA共済事業を取り巻く環境は大きな転換点を迎えている」として「事業の原点に立ち返り、組合員・利用者の皆さまの生命と財産を守り続ける活動を展開し、さらなる安心と満足を提供していく必要がある」と考えを示し、3つの取り組みに力を入れることを明らかにした。

1つ目は組合員・利用者本位の業務運営方針を策定するなど、「より意識的・明示的」に組合員・利用者本位の業務運営への取り組み。

2つ目はコンプライアンス・ガバナンス体制のさらなる見直しと強化。共済推進を行う職員への十分な教育・訓練を行うことで、より適切に推進活動を実施できるよう取り組む。

3つ目は共済事業総点検運動の実施。組合員・利用者の生命と財産を守り、将来に向かって永続的に保障を届けるためJAとJA共済連が一体となって各JAの事業活動を65項目にわたって点検、JAごとの課題に応じた改善策を策定、実践していく。

青江会長は「これまで以上に強い使命感と情熱を持って誠実な事業活動を行っていく」と強調している。

中川泰宏副会長、西沢耕一副会長も再任された。また、村山美彦代表理事専務、歸山好尚代表理事専務、長島佳史代表理事専務も再任された。

(関連記事)

生命総合共済の新規契約件数は伸び悩み LA数の減少など影響 JA共済連の令和4年度決算

【役員人事】JA共済連(7月27日付)

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る