人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

ラピュタロボティクスと資本業務提携 自動倉庫ソリューションの事業展開に貢献 JA三井リース2023年9月8日

一覧へ

JA三井リースは、ロボットソリューション事業を展開するラピュタロボティクスと資本業務提携契約を締結した。物流業界の生産性向上に向けた自動倉庫ソリューションの事業展開に貢献する。

自動倉庫「ラピュタASRS」自動倉庫「ラピュタASRS」

ラピュタロボティクスは、複数のロボットをクラウド上で一括管理し、ロボット群制御が可能なクラウドロボティクス・プラットフォームを開発。また、そのプラットフォームを活用し、ロボットソリューションの開発・導入・運用支援を行うスタートアップ企業。資本業務提携により、同社が発表した自動倉庫「ラピュタASRS」の展開を通じ、物流倉庫内の保管効率改善と生産性向上に向けて、物流業界の省人化を推進する。

JA三井リースは、先端技術を有するスタートアップ企業への出資、販売協力等、金融の枠組みを超えたパートナーシップを拡大。同社のファイナンス機能や営業ネットワークの提供により、ラピュタロボティクスの事業拡大を支援することで、最新の人工知能技術等を用いたDX推進による物流現場の課題解決に貢献する。

自動倉庫「ラピュタASRS」の特徴

物流業界では、生産年齢人口の減少や人件費の上昇に対応するために、生産性向上による省人化が急務となっている。また物流倉庫内では、通路や棚上の空間ロスにより、多くの倉庫で保管容積を十分に利用できていないという課題がある。

ラピュタロボティクスが発売する「ラピュタASRS」は、保管・ピッキング・仕分け・荷合せの全作業工程を見据えたシステム構成により、①圧倒的な生産性を実現可能、②初期費用を抑えて自動倉庫を導入可能、③どんな倉庫にも導入可能などの特徴を備え、物流倉庫内における保管効率と作業の生産性向上に寄与する。なお、実際の製品は「国際物流総合展2023 第3回 INNOVATION EXPO」で展示を予定している。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る