人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

交通事故削減へ JAF×JA共済連×トヨタ・モビリティ基金 座談会を開催2023年9月26日

一覧へ

JAF(日本自動車連盟)東京支部は、秋の全国交通安全運動期間中の9月28日、JA共済連と(一般財団法人 トヨタ・モビリティ基金(TMF)とJAFの3者職員座談会を開催する。

3者は、交通事故のない社会を目指して日ごろから活動しており、交流会ではお互いの知見を共有し、今後の活動にいかすことを目的としている。交通事故死ゼロを目指す日(9月30日)を目前に控え、各社の啓発活動で使用しているコンテンツを3者間で共有体験することで、より具体的で活発な意見交換の場となることをめざしている。

◎開催概要
日時:9月28日<第一部>10時から11時40分<第二部>12時50分から15時
場所:JAF東京支部(東京都港区芝2-2-17)
【内容】
第一部
(1)交流会参加者向けのコンテンツ体験会
①見えチェック:JA共済連とトヨタ・モビリティ基金が共同で開発した薄暮時間帯・夜間の交通事故削減に向けて歩行者がドライバーからどのように見えるのかを診断できるソフトウェア。

②リフレクBOX:暗闇を再現した箱の中を覗き、ライトを点灯して箱の中に配置された反射材の効果を体験できる。

③俊敏性測定器:クイックアーム、クイックキャッチという器具を使ってドライバーの俊敏性機能を計測。

(2)ディスカッション交流会
テーマ:『高齢者の夜間(薄暮時含む)歩行時の死亡事故を減らすには』
年々増加している高齢者の交通死亡事故にフォーカスを当て、その中で歩行時の事故が多いこと、そして薄暮時から夜間時に交通事故が起こりやすいことから、高齢者の夜間(薄暮時も含む)歩行時の死亡事故を防ぐためにどのような施策を取るべきか、グループディスカッションを行う。

第二部
(3)JAF職員向け「見えチェック」体験会
自身の着用している服の診断結果を受けて、改善案や反射材の活用方法を書きだし、今後の活動の参考となるようにする。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る