左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー石原バイオ:ランマンフロアブルSP
日本曹達 231012 PC
2・SP:朝日アグリア・エコレット

「運動嫌い」2割以上 小中学生の運動に関する意識調査 JA共済連2023年11月30日

一覧へ

JA共済連は、スポーツ庁が行った「令和4年度全国体力・運動能力、運動習慣等調査結果」を踏まえ、全国の小中学生の男女400人を対象に「小中学生の運動に関する意識調査」を実施。調査の結果から、小中学生の2割以上が「運動嫌い」で、理由は“人と比べられることが「嫌だと思う」が約7割に上った。また、子どもが楽しいと感じる運動の1位は「バスケットボール」、2位「ダンス」で“仲間と一緒に身体を動かすこと”“自分に向いた競技”に対してはポジティブな意識がみられた。

「運動嫌い」2割以上 小中学生の運動に関する意識調査 JA共済連

調査では、運動やスポーツについてどのように感じているか聞いたところ、全体で2割以上(22.8%)が「やや嫌い」「嫌い」と回答。また、「運動やスポーツにおいて、他人と比べられることについてどのように思うか」については「とても嫌だと思う」「まあまあ嫌だと思う」と7割弱(68.8%)が回答した。

「運動嫌い」2割以上 小中学生の運動に関する意識調査 JA共済連

学校の体育の授業については、「やや嫌い」「嫌い」と3割以上(31.1%)が回答。また、小中学生別にみると、「やや嫌い」「嫌い」と答えた割合は小学生が2割以上(24.0%)であったのに対し、中学生は4割弱(38.0%)という結果になった。

さらに、運動やスポーツが「嫌い」「やや嫌い」と答えた小中学生に幼少期(小学校以前)の運動やスポーツに対する意識について聞いたところ、「好き」「やや好き」だったと3人に1人以上(36.3%)が回答。現在運動やスポーツが嫌いでも、幼少期には運動やスポーツに対してポジティブな感情を抱いていたことがわかる。

また、「団体競技において自分が足を引っ張ってしまうのではないかと心配に思うこと」が「ある」「まあまあある」と回答した割合は7割以上(71.8%)にも上り、多くの小中学生が「他人と比べられること」「他人から笑われる、からかわれること」「他人の足を引っ張ってしまうこと」に対してネガティブに感じていることがうかがえる。

また、体育の授業以外の身体を動かす機会について聞いたところ、「週2日以下」(「週1~2日程度」「週1日以下」)と半数近く49.3%)が回答。小中学生の運動頻度の低さが浮き彫りになった。

「運動嫌い」でも本来は運動好き?"仲間と身体を動かすこと"にはポジティブ

「運動嫌い」2割以上 小中学生の運動に関する意識調査 JA共済連

小中学生が楽しいと感じる運動は何か、聞いたところ、「バスケットボール(32.3%)」が最も多く、次いで「ダンス(32.0%)」、「サッカー29.5%)」の順。王道の球技スポーツと並び、「ダンス」の人気も高いことがうかがえる。

「運動嫌い」2割以上 小中学生の運動に関する意識調査 JA共済連

また、「仲間と一緒に運動すること」については8割以上(83.8%)が「好き」「やや好き」と回答し、ポジティブな感情を抱いていることがわかる。さらに、「自分が得意な運動や好きになれそうな競技が分かれば、やってみたいと思うか」については9割近く(88.8%)が「そう思う」「まあまあそう思う」と回答した。

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る