人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
JA全中中央SP

第3回「CO・OP共済 育児あるある川柳」入賞32句を発表 コープ共済連2024年2月2日

一覧へ

コープ共済連は1月31日、「さまざまな育児の形を応援し、くらしに寄り添うCO・OP共済」をコンセプトに2023年9月29日から10月31日にかけて募集した第3回「CO・OP共済 育児あるある川柳」の結果を発表。応募総数3万8738作品の中から最優秀賞など入賞した32句を発表した。

第3回「CO・OP共済 育児あるある川柳」入賞32句を発表 コープ共済連

第3回「CO・OP共済 育児あるある川柳」の最優秀賞は「アレできた我が子の成長日本一」(なあやん)。コープ共済連の和田長太郎代表理事専務は「2023年の流行語大賞「アレ(A.R.E.)」ですね!子どもの成長は、毎日が優勝さながらの楽しい日々。毎日違う「アレ」を手放しで喜ぶ、ご両親の姿が目に浮かびます」とコメント。また、優秀賞の「SPのように囲んで七五三」(はっち)に、コープ共済連の石川勝也常務理事は「多くの神社でよく見かける光景。両親、祖父母が囲んで写真を撮っている様子が浮かびます。我が子、我が孫の成長を祈る思いが伝わり非常に良い作品だと思います」と評した。

2023年に応募された作品は、「アレできた我が子の成長日本一」や「PayPayで!ままごと界でもキャッシュレス」のように、流行語や時流をうまく取り入れた句から、「得意げにはいたパンツがうしろまえ」など、どの世代にも通じる育児の悲喜こもごもを詠んだ句まで、バラエティ豊かな作品が集まった。まだコロナ禍の育児を詠んだ作品が多いなか、「脱マスクよりもうれしい脱オムツ」「SPのように囲んで七五三」など、少しずつ日本がアフターコロナへ転換する様相や、未来への期待を感じる作品が増えた。

また、今年は育児に関わる全ての人が応募できる「みんなの育児賞」への応募数が前回の約3倍に。コロナ禍が収束に向かうことで、「初孫をあやす言葉が懐かしい」「孫が来る前にポケモン予習する」など、ようやく会える孫・ひ孫への想いやエピソードを詠んだ作品も多く寄せられた。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る