左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー石原バイオ:ランマンフロアブルSP
2・PC:朝日アグリア・エコレット
日本曹達 231012 SP

「IoTube」でAIカメラソリューションを提供 MOYAIへ出資 JA三井リース2024年2月13日

一覧へ

JA三井リースは2月9日、マルチIoT センシング&エッジAI デバイス「IoTube」や、デジタルサイネージを活用したソリューションを提供する株式会社MOYAIに出資したことを発表した。

「IoTube」でAIカメラソリューションを提供 MOYAIへ出資 JA三井リース

MOYAIは、直管型LED とエッジAIカメラ、スピーカー、マイク、ビーコン、各種センサー(温度・湿度センサー、煙感知センサー、CO2センサー、速度センサーなど)が一体となったマルチIoTセンシング&エッジAIデバイス「IoTube」を開発、提供している。設置の容易さ、通信の安定性、エッジAIやセンサーなど多様な機能性から、首都圏の主要鉄道会社の車両カメラにおいてNo.1の導入実績を持つ。

JA三井リースは、MOYAIが「IoTube」などを通じて目指す「A2K(安全・安心・快適の確保)の実現」の社会的意義に着目し、同社への出資を決めた。JA三井リースが持つ営業基盤・ファイナンス機能を活用することでMOYAIとの事業シナジーが期待できる。

JA三井リースは、中期経営計画「RealChange 2025」の重点施策に「DX 分野への取り組み」を掲げており、この出資を通じてMOYAIが目指す「A2K(安全・安心・快適の確保)の実現」を支援していく。

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る