人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
FMCプレバソンPC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

宮崎県から届いた春の旬野菜やマンゴーが好評「JA共済マルシェ」開催2024年4月25日

一覧へ

JA共済連は4月18日、全国から仕入れた旬の農産物などを販売する「JA共済マルシェ」をJA共済ビル2階エントランスホールで開催。11時30分から開かれたマルシェには170人が来場し、12時14分には完売した。

第34回「JA共済マルシェ」の会場第34回「JA共済マルシェ」の会場

平成28年度から開かれているこの取り組みは、「食と農を基軸として地域に根ざした協同組合」として事業展開するJA共済が、全国各地の旬の国産食材の魅力や美味しさをJA共済ビルのある千代田区平河町の近隣住民や近隣オフィスを利用する人々に届けている。

第34回となる今回は、市場で最高級品の評価を受ける宮崎県産ブランドマンゴー「太陽のタマゴ」や日向夏など、旬の果物をはじめ、キュウリやピーマンなど普段使いの野菜、郷土料理 「『冷や汁』の素」など、宮崎県内産の食材が並んだ。

この日は、農福連携を応援する取組みとして、社会復帰に取り組む農協共済中伊豆リハビリテーションセンターから届いたクリップ、トートバッグ、ノートなど手作りの小物を販売。また、農協共済別府リハビリテーションセンターからは利用者が栽培したミニトマトが並んだ。

来場者で会場の近くに住む女性は「JA共済マルシェで販売している野菜や果物はとても美味しいので知人にも安心して勧められる。今回購入したマンゴーも贈答用にするつもり」と買い物を楽しんでいた。また、JA共済ビルで勤務している女性は「JA共済マルシェは毎回楽しみ。今日は野菜をたくさん購入した。ネギや長芋など、その大きさにびっくりです」と話していた。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る