人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

農林中金 資本増強を表明 1.2兆円2024年5月23日

一覧へ

農林中央金庫の奥和登理事長は5月22日の決算会見で1兆2000億円の資本再構築を実施する方針を明らかにした。

農林中央金庫の奥和登理事長農林中央金庫の奥和登理事長

2018年にも国際金融システムの規制強化に対応して資本の質と量を充実させるため1兆円の資本再構築を行った。

今回は米国など海外金利の上昇で欧米の債券が値下がりし、評価損が拡大しているため、低利回りの資産(債券)を売却し高利回りの資産に入れ替えていくことが目的。

資本再構築は、資本への転換条項付きの劣後ローン7000億円を「後配出資」に転換して質を高める。また、新たに期限付きの劣後ローンを5000億円調達して資本の量を拡充する。現在、会員と協議をしている。

3月の債券の評価損額は2兆1923億円となっている。奥理事長は会見で債券等の売却損がどの程度の規模になるか見通せないとしつつ、資産に入れ替えの過程で「赤字を覚悟している」として、現時点で2024年度は「5000億円超の赤字を見込む」ことを明らかにした。

そのうえで「いただいた投資余力を活用しながら2025年度以降の財務の安定、黒字化を含めてポートフォリオの入れ替えをしっかりやっていきたい」と述べた。

また、生産資材高騰など「農林水産業が大変なときにサポートすべき農中が役割を果たせなかったことは心苦しい限り」と話し、責任については「職責をまっとうしてこの難局を乗り切ることで責任を果たしたい」とした。農林中央金庫は同日の経営管理委員会で6月21日開催の通常総代会を経て就任する予定の役員を選任したが、奥理事長ら理事は再任された。理事の報酬の減額は行うという。

今年度の事業については、JAなどへ「収益面で貢献できなければ、事業が少しでも効率的に動くようコンサルなどで役割を果たしていきたい」と語るとともに、資本増強については「まだまだ理解をいただく努力の最中」で、会員との協議は9月末まで続ける。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る