米・麦・大豆 ニュース詳細

2013.04.11 
18年産備蓄米を加工原料用に販売 農水省一覧へ

 農林水産省は平成25年産米が出回るまでの不足分として18年産備蓄米を加工原料用途向けに2.7万t販売することにした。4月23日に買受資格のある業者と見積合わせを実施し売買契約を締結する。

  昨年7月に策定した米の需給と価格に関する「基本指針」では、24年産備蓄米の買入数量と同量の8万tの範囲内で非主食用に販売することにしていた。 これに基づき昨年10月末に約4万tを米菓、味噌、焼酎などの加工原料用に販売した。その後、海外援助に2万tを仕向けることとしたが、特定米穀の発生減から低価格帯需要の原料の確保が困難になっていることから、2.7万tを販売することにしたもの。
 販売される備蓄米は18年産。25年産米が出回るまでの不足分として販売されるもので、農水省は「今回の措置は特例的に行うもの。25年産以降では安定的な確保が可能な加工用米で国産原料確保をしてほしい」としている。


(関連記事)

政府備蓄米、8万2000t落札  農水省(2013.02.13)

食糧部会に備蓄米・加工用米の確保対策を示す 農水省(2012.11.14)

「県別優先枠」を大幅に拡大 備蓄米の買い入れ方式見直しを検討  農水省(2012.10.29)

政府備蓄米、4万tを放出  農水省(2012.06.12)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ