左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

24年産米の相対取引価格 0.9%下落2013年7月31日

一覧へ

 農林水産省は7月30日、平成24年産米6月の相対取引価格を公表した。

 全銘柄平均で60kg1万6293円だった。前月比で▲0.9%。23年産米の同時期価格は1万5567円で、これとくらべると4.7%高い。
 銘柄別では前月比で99%?102%とほぼ横ばいだが、新潟コシヒカリ(魚沼)は5月より12%下げて2万539円としたほか、長野コシヒカリは同3%下げて1万6191円とした。また、ほとんどの銘柄が前年産よりも高いが、新潟コシヒカリ(一般)は1万7998円で4%下げている。


(関連記事)

主食用米、需要実績779万トンに (13.07.30)

29産地品種が特A 最高得点は「森のくまさん」  24年産米食味ランキング(2013.02.15)

新潟産コシのヘルシー弁当、首都圏で発売  JA全農にいがたなど(2013.02.08)

新丸ビルで新潟米をPR 各店舗と特別メニューをコラボ  JA全農にいがた(2012.11.30)

主食用米の需給、業界は「緩和」を見込む アンケート調査結果(2012.09.11)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る