米・麦・大豆 ニュース詳細

2013.07.31 
米国産小麦、入札再開一覧へ

 農林水産省は8月1日付で、米国産小麦の食糧用ウエスタン・ホワイト(WW)の入札再開を決めた。

 同省は、未承認の遺伝子組換え小麦が米国オレゴン州の農地で見つかったことをうけ5月30日以降、米国からの輸入を一部停止していた。しかし、厚生労働省によって検査方法が確立されたことに加え、米国に担当者を派遣し、米国政府による追加的調査結果と船積時の検査実施が可能であることが確認できたことから、入札を再開することにした。
 また、飼料用ソフト・ホワイトについても、8月7日からの入札再開を予定している。


(関連記事)

「遺伝子組み換え技術」の情報発信でセミナー(2013.07.30)

米国産未承認GM小麦で政府に質問状 生活クラブ(2013.07.23)

米国産小麦、遺伝子組替の混入なし(2013.07.08)

GM食品、消費者の「知る権利」にどう応えるか(2013.06.11)

GMナタネの繁殖・駆逐なし 農水省が実態調査(2013.04.27)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ