左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

金芽米の継続摂取で体調改善効果 東洋ライス2013年8月20日

一覧へ

 東洋ライスは、一般消費者に金芽米の健康効果を実感してもらおうと、6月から3カ月間継続して金芽米を食べてもらう「チャレンジモニター」を実施している。このたび、継続2カ月後の結果が出た。アンケートでは、体調が改善したとの回答が大幅に増えた。

 具体的には、便通改善が1カ月後42.7%から2カ月後46.5%に、肌のコンデション改善が同26.2%から36.8%に、口内炎改善が同20.4%から34.9%に、風邪を引かなくなったが同10.8%から28.1%に、花粉症の改善が同8.2%から同3.8%という結果だった。
 1カ月後のアンケート結果と比べ、10?15ポイント体調改善した人が増えた。花粉症については流行の時期でないため、効果が体験できなかったものと考えられる。
 連日の猛暑で体調を崩す人が増えているが、「食欲もあり夏バテしていない」など夏バテ予防効果についての回答や、「体調の変化は無いが、お米が美味しい」「子どもたちがご飯をよく食べるようになった」といった回答も多く、食味の評価も高い。
 同社では、チャレンジモニター(第一期)について、3カ月間のモニター終了後に最終アンケートを行い、9月中旬頃に結果を報告する予定だ。
 なおこのチャレンジモニターは好評で、第二期(8月開始)の募集も定員を超える申し込みがあり、現在第三期目の募集を行っている。
 同社では、より多くの人に金芽米の健康効果を実感してもらうため、今後もチャレンジモニターの取り組みを、継続して実施していく考えだ。


(関連記事)

金芽米の生産・販売好調に推移 東洋ライス(2013.08.02)

超高効率な精米工場 東洋ライス リンクウ工場(2013.06.12)

東洋ライスの金芽米に自然治癒力向上成分(2013.06.05)

アースマラソンでの金芽米の効果 学会で発表(2013.03.22)

東洋ライス発足 世界初の米関連総合メーカー(2013.03.13)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る