左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

輸入小麦売渡価格、5万7260円 4.1%値上げ2013年8月28日

一覧へ

 農水省は8月28日、平成25年10月期(25年10月?26年3月)輸入麦政府売り渡し価格を改定した。5銘柄加重平均で1トンあたり5万7260円となり、25年4月期に比べて4.1%の値上げとなった。

 輸入麦の政府売り渡し価格は、年2回、2月と8月に直近6カ月の平均買い付け価格を参考にして改定することになっている。
 今回は、昨年末からの円安、豪州の少雨による生産量減と輸入価格の高騰といった価格の上げ要因があった一方で、米国産冬小麦の収穫が順調なため相場が軟調に推移しており、全体では4月期に比べ4.1%の値上げとなった。
 農水省生産局農産部貿易業務課によると、今回の価格改定が消費者物価指数に与える影響は、+0.004%で「極めて限定的」としている。具体的な小売価格への影響額試算では、外食うどん1杯あたり0.4円、小売食パン1斤あたり0.3円、家庭用小麦粉1kgあたり4.1円、となっている。

輸入小麦価格、5万7260円 4.1%値上げ

(関連記事)

米国産小麦、入札再開(2013.07.31)

【シリーズ・安全な食とは】第13回 遺伝子組み換え小麦自生事件の波紋(2013.07.26)

米国産未承認GM小麦で政府に質問状 生活クラブ(2013.07.23)

小麦と米の豊凶3か月前に予測 農環研など(2013.07.22)

小麦生産費1割減 農水省・麦類生産費調査(2013.07.03)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る