米・麦・大豆 ニュース詳細

2014.10.01 
米卸間取引1万893円 前月比でわずかに上昇一覧へ

 米の卸間取引を実施している日本コメ市場・クリスタルライスは9月18日に行われた26年度第4回取引会の結果を公表した。

 今回は64銘柄7989トン(前回比33.7%増)が上場され、1俵あたり加重平均上場価格は1万776円と、前回に比べて2.7%上がった。
 このうち、取引が成約したのは20銘柄515t(同21.7%減)だった。成約価格は加重平均で1俵1万893円と、同161円(1.5%)上がった。
 成約した主な銘柄と価格は、秋田・あきたこまちが1万1283円、茨城・コシヒカリが前回比710円安の9309円、千葉・ふさおとめが同253円安の8914円、新潟一般・コシヒカリが1万4578円だった。
 今回の第4回取引会には59卸が参加した。


(関連記事)

【広がるコメビジネス】創りだせるか 新しいマーケット アイリスオーヤマの米事業(14.09.24)

【米価暴落】空前の低米価 農家経営を直撃(14.09.22)

複数年産米コメ市場の設立へ 国産米使用推進協(2014.09.18)

26年産米 卸間取引で1万円前後 取引会結果(2014.09.01)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ