左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

米卸間取引1万893円 前月比でわずかに上昇2014年10月1日

一覧へ

 米の卸間取引を実施している日本コメ市場・クリスタルライスは9月18日に行われた26年度第4回取引会の結果を公表した。

 今回は64銘柄7989トン(前回比33.7%増)が上場され、1俵あたり加重平均上場価格は1万776円と、前回に比べて2.7%上がった。
 このうち、取引が成約したのは20銘柄515t(同21.7%減)だった。成約価格は加重平均で1俵1万893円と、同161円(1.5%)上がった。
 成約した主な銘柄と価格は、秋田・あきたこまちが1万1283円、茨城・コシヒカリが前回比710円安の9309円、千葉・ふさおとめが同253円安の8914円、新潟一般・コシヒカリが1万4578円だった。
 今回の第4回取引会には59卸が参加した。


(関連記事)

【広がるコメビジネス】創りだせるか 新しいマーケット アイリスオーヤマの米事業(14.09.24)

【米価暴落】空前の低米価 農家経営を直撃(14.09.22)

複数年産米コメ市場の設立へ 国産米使用推進協(2014.09.18)

26年産米 卸間取引で1万円前後 取引会結果(2014.09.01)

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る