Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

全国作況は「100」-27年産米2015年10月5日

一覧へ

 農林水産省は10月2日、27年産米の9月15日現在の作柄概況を公表した。

 9月15日現在の全国作況は予想収量10aあたり533kgの平年並みとなり、作況指数は「100」となった。
 北海道から近畿は、登熟は一部地域を除き8月中旬以降の日照不足等の影響で平年を下回っているものの、全もみ数が総じて「平年並み」か「やや多い」となっていることから、おおむね平年並み以上と見込まれている。ただし、北海道、東北、関東・東山では作柄がよかった昨年産にくらべ10aあたり収量は▲21kg~7kg減少の見込み。
 中国、四国、九州は6月以降の低温、日照不足等の影響で全もみ数と登熟が平年を下回っていると見込まれる。
 地域別の作況指数は北海道「103」、東北「103」、北陸「100」、関東・東山「100」、東海「99」、近畿「99」、中国「98」、四国「96」、九州「96」、沖縄「92」。 主食用米の作付け見込み面積は140万6000haで前年産より6万8000haの減少が見込まれる。主食用の予想収穫量は746万7000t。前年産にくらべ41万5000tの減少が見込まれる。

 
 
(関連記事)

1等比率72.9%-27年産米、8月31日現在 (15.09.25)

・27年産米 1等比率67%-農水省 (15.08.24)

全国作況100の「平年並み」-米穀データバンク予想 (15.08.07

主食用米50万t需給改善-JA全農調べ (15.07.31)

早期米の作柄 高知県除き「不良」-17年ぶり (15.07.29)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る