米・麦・大豆 ニュース詳細

2016.05.18 
34県が増加に 28年産飼料用米一覧へ

 農水省は5月17日、平成28年産飼料用米等について、各県の中間的な取組状況をまとめた。飼料用米については34県が前年より増加傾向にある。

 4月末現在の飼料用米、WCS(稲発酵飼料)、麦(二毛作を含む)、大豆(同)の取り組みをまとめた。
 それによると飼料用米は増加傾向にある県34県に対して、前年並み傾向が4県、減少傾向が8県だった。WCSは同じくそれぞれ24県、15県、7県、麦が同じく16県、10県、20県、大豆が同じく20県、8県、18県となっている。取り組みやすい飼料用米に積極的な県が多い。
 一方、米の精算数量目標等の達成見込み(同じく4月末現在)は、「自主的参考値までの深耕が見込まれる」が21県、「生産数量目標の達成が見込まれる」が13県、「生産数量目標の達成に向けてさらなる取り組みが必要」が12県だった。
 同省は「引き続き主食用米から飼料用米、麦、大豆、野菜などへの転換や、そのための環境整備を図り、需要に応じた生産を推進することが必要」と指摘している。

今日のニュースへ戻る

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ