Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

米品種のマッチングミーティング 東京で2018年8月7日

一覧へ

 農研機構は9月5日、平成30年度第1回品種マッチングミーティングを開く。

 国内で開発された加工用水稲品種の紹介やその加工食品の試食会等を行う。場所は東京都千代田区六番町15番地の「主婦会館プラザ」で午後2時から。
 マッチングミーティングでは、コシの強い米粉麺が作れる「北瑞穂」「越のかおり」、膨らみのよい米粉パンが作れる「ミズホチカラ」、柔らかさが持続する和菓子が作れる「愛知糯126号」など、国内研究機関で開発された新しい加工用水稲品種の特性や、特性を生かした加工食品を紹介する。
 定員60人。申し込みは8月31日までに農研機構食農ビジネス推進センター連絡推進室へ。
 ○E-mail:joint_research@naro.affrc.go.jp
 ○問い合わせ先:同センター
 ○TEL:029-838ー7698

 

(関連記事)
需要に応じたコメ生産に向け全国組織が発足(17.12.22)
米の需給 不安感解消を-全米販が農相要請(17.12.05)
30年産米 需要とのマッチング 継続支援を-自民が政府に要請決め(17.11.28)

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る