米・麦・大豆 ニュース詳細

2018.08.31 
29年産米集荷量 前年比17万t減-7月末現在一覧へ

 農林水産省は8月28日、7月末現在の29年産米の販売状況などを公表した。

 全国の集荷量は289万7000t。前年同月比で▲17万tとなった。
 このうち契約数量は279万4000tで同▲14万t(▲6%)。販売数量は224万4000tで同▲8万t(▲4%)となっている。
 全国の民間在庫は出荷・販売段階計で102万tと同▲6万tとなった。

 

(関連記事)
「魚沼コシ」の誇り賭けて 「特A」奪還へ肥培管理徹底【駒形正樹・JA魚沼みなみ営農部長】(18.07.24)
秋田あきたこまち 市中相場急落の要因とは?(18.05.15)
対照的なあきたこまちとコシヒカリの値動き(18.03.20)
【JA全農米穀事業部】コメの実需者直接販売125万t目標(18.03.09)
県間競争排しブロックで【JAみどりの代表理事専務 阿部 雅良氏】(17.04.28)
過剰作付ワースト1の挑戦・千葉県(17.04.03)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ