左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

30年産米 1等比率82.2%-10月31日現在2018年12月3日

一覧へ

 農林水産省は11月30日、30年産米の検査結果(10月31日現在)を公表した。

 1等比率は82.2%となった。9月30日現在では78.9%だった。
 29年産(最終確定値、以下同)は82.3%、28年産は83.4%、27年産は82.5%、26年産は81.4%となっており、30年産米はここ数年とくらべて大きな変化はない。
 1等以下に格付けされた理由は「心白および腹白」30.7%、「整粒不足」21.3%、「充実度」18.4%、「着色粒(カメムシ類)」13.5%となっている。カメムシ類による着色粒は29年産(21.9%)より少ない。一方、「心白および腹白」は29年産(23.2%)より多くなっている。
 検査数量は333万t。29年産米の検査数量の69.9%に相当する。飼料用もみの検査数量は2万3000t、飼料用米は19万tとなっている。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る