米・麦・大豆 ニュース詳細

2018.12.07 
「田園自然再生活動のつどい」講演会 参加者募集一覧へ

 (一社)地域環境資源センターは、農村環境の魅力を再確認し、田園自然再生活動について広く学ぶ講演会を12月10日に行う。

田園自然再生活動の集い 農業・農村の豊かな自然環境を保全、再生するため行われているのが「田園自然再生活動」だが、講演会では活動発表や今後のあり方について専門家が語り合う。
 学習院女子大学の荘林幹太郎教授は「農業と環境の関係性をより良きものにするために」をテーマに、高崎経済大学の片岡美喜教授は「農業・農村の多元的価値」について講演を行う。
 また、後半では田園自然再生活動を行うNPO法人や三重・愛知の活動家の活動発表と聴講者の意見も盛り込みながら進めるパネルディスカッションが企画されている。
 参加は無料で、当日会場で12時から受け付けを行う。
日時:12月10日(月)13:00~17:15
会場:東京大学弥生講堂(一条ホール) 東京都文京区

 

(関連記事)
事業と政策 現場で検証を JA-IT研究会が50回記念研究会(18.10.29)
村の「教育力」が地域を変える 中山間地域フォーラム(18.07.19)
中山間地域直接支払い「耕作放棄防止に効果」 9割超の市町村が評価(18.07.06)
(074)米国の農場の「小規模化」(18.03.16)
増やせ「関係人口」-田園回帰の新たな潮流(17.11.17)
【様変わりする地方移住】交流→移住→定住へ 目的持って受け入れ(17.09.19)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ