米・麦・大豆 ニュース詳細

2019.03.01 
魚沼コシ 特Aに復帰-30年産食味ランキング一覧へ

 日本穀物検定協会は2月27日、平成30年産米の食味ランキングを発表した。「特A」にランクされた産地品種は55点。昨年、Aにランクダウンした新潟・魚沼コシヒカリは特Aに復帰した。

30年産食味ランキング 北海道  ゆめぴりか (特A)、北海道  ななつぼし (特A)、青森 津軽 青天の霹靂 (特A)、岩手 県南 ひとめぼれ (A)、岩手 県中 銀河のしずく (A)、宮城  ひとめぼれ (特A)、宮城  ササニシキ (A′)、宮城  つや姫 (特A)、秋田 県南 あきたこまち (特A)、秋田 中央 ひとめぼれ (A)、秋田 県南 ゆめおばこ (A)、山形 村山 つや姫 (特A)、山形 最上 つや姫 (特A)、山形 村山 雪若丸 (ー)、山形 最上 雪若丸 (ー)、福島 会津 コシヒカ
 対象の産地品種は154。29年産より4産地品種増え過去10年ではもっとも多くなった。
 「特A」は55点(29年産43点)、「A」は67点(同76点)、「A´」は32点(同32点)だった。「B」、「B´」は該当がなかった。「特A」と「A」は合計122点で過去最高となった。
 特Aの55点のうち29年産でAランクだったのは15点、A´だったのが3点ある。また、30年産で初めてランキングの対象になり「特A」と評価されたのは3点あった。(山形・村山/最上「雪若丸」と徳島・北部「あきさかり」)。
 また、食味ランキング外だが、今後各県で生産を奨励していきたいとする話題性のある品種も毎年参考品種として選定して食味試験を行っている。それによると特Aは、福島「里山のつぶ」、福井「いちほまれ」、長崎「なつほのか」が取得した。
 米の食味試験は、良質米づくりと米の消費拡大を推進するため、昭和46年産から全国規模の産地品種について行ってきている。今年で48回目。評価は同協会独自の基準米(複数産地コシヒカリのブレンド米)として、白飯の「外観・香り・味・粘り・硬さ・総合評価」の6項目について比較する。選抜訓練した20名の食味評価エキスパートパネルが評価。基準米よりとくに良好なものを「特A」、良好なものを「A」、おおむね同等なものを「A´」、やや劣るものを「B」、劣るものを「B´」としてランクづけをしている。

 

(関連記事)
30年産米食味ランキング 対象155産地品種(18.10.31)
特Aは43産地銘柄 魚沼コシは特A逃す-29年産米食味ランキング(18.03.01)
特Aに44点 米食味ランキング(17.02.24)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ