人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
JA全中中央SP

2月米相対価格 前年比987円増 農水省2023年3月22日

一覧へ

農林水産省は22(令和4)年産米の令和5年2月の相対取引価格(速報)を発表し、全銘柄平均で前月比マイナス106円(1%減)の1万3840円/玄米60kgとなった。対前年同月(21年産)と比べるとプラス987円(8%増)となった。

相対取引価格の銘柄別で、前年同月(21年)産と比べ、「まっしぐら」(青森)が21%増、「ひとめぼれ」(岩手)が22%増、「ゆめまつり」23%増、「ヒノヒカリ」(山口)が22%増となった。東日本の主産地を中心に上昇している。昨年9月の出回りからの年産平均価格は前年比プラス1063円(8%増)の1万3867円/同60kgだった。

取扱総量は36万6325トンで前年同月に比べ20%減少したものの、前月比では13%増となっており、農水省では取扱量は「順調に推移している」と述べている。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る