人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
JA全中中央①PC
日本曹達 231012 SP

米の価格 前年産+1061円 契約数量は前年比104% 2022年産2023年4月19日

一覧へ

農林水産省は4月14日、3月の米の相対取引価格と数量を公表した。

相対取引価格は全銘柄平均で前月に比べ+37円の60㎏1万3877円となった。

出回りからの年産平均価格は同1万3865円で前年産より+1061円となっている。22年産の相対取引価格は出来秋から同1万3900円~800円代と横ばいで推移している。

販売数量は24万4665tで対前月比67%、対前年同月比78%となった。

販売数量は昨年12月は対前年同月比123%、1月は同138%と増加したが、2月は同80%と前年を下回った。

これは全農が卸との契約を早めているためで、20年産までは相対取引の月別数量のピークは3月だったが、21年産では2月がピークで405万tだった。22年産も2月が366万tでピークとなるみられる。

22年産の相対取引契約の累積数量は3月末で165.1万tで前年比104%と伸び、契約が進んでいる。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る